-->

ハイパーピノス

ハイパーピノスの特徴



木炭効果


針葉樹特有の多孔質、豊富な炭素(86.1%含有)
炭素と酸素の供給でバランスの良い土作り
連作障害、残渣障害の解消
物理的効果で土壌を団粒構造に変換します


海藻エキス効果


北欧ノルウェー産の高濃度、高品質な海藻エキス使用
海藻エキスにはアルギン酸などの多糖類、各種ミネラル・ビタミン・アミノ酸など60種類以上の栄養素を含有
ハイパーピノスの特徴は、堆肥、肥料、酵素、各種栄養資材等の腐食、分解を促進し毛細根からの養分の吸収を助け、効果を発揮します
これらの働きで土壌の改善・地力の向上・不足養分の補給・根張り向上・品質向上・増収をはかります


ハ イパーピノス使用方法


1、農地に使用する場合
(1)ハウスに使用する場合10アール当りハイパーピノスを900L〜1200L、ベット部又は全面に散布し、出来るだけ深く耕うんして下さい
点滴、高設ベットにはベット上に2〜3cm上撒きが有効です。冬季には地温確保で効果を発揮します。
(2)畑地(露地)に使用する場合、畑地10アール当りハイパーピノスを300〜600Lを全面に散布し耕うんして下さい
(3)水田に使用する場合、水田10アール当りハイパーピノスを150L〜600L全面に散布し耕うんして下さい


2、果樹に使用する場合
(1)苗木植付けに使用する場合、ハイパーピノスを掘り起こした土壌に対し3%〜5%、堆肥、土とよく混合して埋め戻して下さい
(2)果樹成木に使用する場合、果樹の根張り地域に径10cm〜20cm、深さ30cm位の穴を掘り、掘り起こし土壌に対しハイパーピノスを2%〜6%混 合して埋め戻して下さい


3、果樹園に使用する場合
(1)植樹のとき、一般に植え穴100に対しハイパーピノスを3%〜10%混入しますが苗木の大きさにより、表を参考にして土とよく混合してください


樹木植栽の場合の使用量

高 さ
植穴径
植穴深さ
施用量
備 考
30cm
25cm
20cm
0.5L
使用量は土質
樹勢に応じて
30%の増減可
50
30
23
0.7
80
37
26
1.0
100
41
28
1.5
150
53
34
3.0
200
65
40
5.0

戻る